本サイトはアフィリエイトプログラムによる広告収益を得ています。

日本時間5月20日の試合で大谷翔平が劇的サヨナラ打!4年ぶり2度目!当時の映像も紹介

スポンサーリンク

日本時間2024年5月20日(現地5月19日)、メジャーリーグ ドジャースVSレッズの試合で、大谷翔平選手が「2番・DH」で出場。
10回裏、2対2の場面でライト前に抜ける劇的なサヨナラ打を放ち、見事ドジャースの勝利に貢献しました。

【試合結果】
●ドジャース3-2レッズ
●日時:日本時間5月20日 (現地5月19日)

大谷選手がサヨナラ打を放つのはメジャー(MLB)では4年ぶり、今回で2度目となります。
今年2024年がドジャース移籍1年目となるため、もちろん移籍後は初のサヨナラに。

まずは日本時間5月20日のサヨナラの場面からどうぞ。
この後、ヒーローインタビューや前回のサヨナラ打の映像も紹介します。

※掲載しているすべての動画・画像はMLB公式、 もしくはSPOTVNOW公式 YouTubeチャンネル、Los Angeles Dodgers Xアカウントのものになります。

Shohei Ohtani’s FIRST WALK-OFF as a Dodger! (Full at-bat!)

【ドジャース・大谷翔平が延長10回に劇的決勝タイムリー!】試合を決める主人公の一打!自身キャリア2度目のウォーク・オフ!

試合を決めて、仲間から祝福される大谷選手。
恒例の祝福スプラッシュも。
以下、Los Angeles Dodgers Xアカウントより。

ドジャース・大谷翔平 ヒーローインタビュー

続いては、試合を決めた大谷翔平のヒーローインタビューです。

サヨナラを決めた率直な感想について大谷さんは
「単打でいいので何とかヒットで終わらせたいと思ったいたので、何とかいい形で終われて良かったなと思います。」と述べました。

また、相手投手の守護神アレクシス・ディアス(レッズ)について「投球を見て何か工夫はしたんですか?」という質問には
「独特の球筋なので、何とか食らいつくイメージだけもって何とかバットに当てたいなと思っていました。」と答えています。

インタビュー動画もありますので、こちらからチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

前回のサヨナラ打を動画でチェック

●前回のサヨナラはいつのこと?
ちなみに、大谷翔平選手の前回のサヨナラ打はエンジェルス時代のもの。

2020年9月5日のときのもので、対アストロズ戦でした。

5対5で迎えた延長11回裏、1アウト二塁の場面。
今回と同じくライト前に抜けるヒットを放ち、試合を決めています。

そのときの映像もありましたので、下記からチェックしてみてください。

ダルビッシュ有投手は日米通算200勝を達成!

また、同じく日本時間2024年5月20日。

パドレスのダルビッシュ有投手が、ブレーブス戦で先発登板。
日米通算200勝をかけた試合となりましたが、7回を99球で投げきり、2安打無失点の好投で勝利投手となって、見事日米通算200勝を達成したとのこと。
今季では4勝目。

日米通算200勝を達成したのは、野茂英雄と黒田博樹に続く3人目の快挙になるようです。

【日刊スポーツ】
ダルビッシュ日米通算200勝、野茂英雄、黒田博樹に続く3人目 全て先発での達成は史上初

ダルビッシュ有 全打者ダイジェスト

SPOTV NOWによる、ダルビッシュ有 全打者ダイジェストの動画も追加しました。
日米通算200勝を記録した試合のピッチングが見たい方は、ぜひご覧になってみてください。

サヨナラを決めた大谷選手に続き、ダルビッシュ選手の活躍。
こちらもめでたいニュースとなりました。